無料ブログはココログ

ブログパーツのリスト

リンク

2016年3月14日 (月)

「仮面の葬送」サンプル(冒頭部)

J.GARDEN40 新刊 「仮面の葬送」の冒頭部分です。

     第一章  嵐

 ――今日からおまえはサンニヤのしもべだ。 
 彼が読み書きを覚え、家に伝わる幾多の木簡から
必要な知識を取り出すすべを身に付けた時、
彼の育ての親でもある師は小さな仮面を取り出してきて、言った。
 ――この面をつけて、おまえもサンニヤの一部となれ。
全身全霊をもって偉大な神に仕えるのだ。
罪深き人の子の魂は消え去り、おまえは赦される。
 仮面は赤黒く塗られた木製で、
紅い縞瑪瑙の一ツ目に羚羊のねじれた角、牙のある裂けた口に、
もつれた獣毛の髪とあごひげを持っていた。
奇怪な造形だが怖くはなかった。
それは師がつけている仮面と同じ意匠であったから。
 両手でしっかりと持ち上げ、つけてみると、仮面は少し薬草くさく、
しかし驚くほど早く皮膚のように顔に馴染んだ。
一ツ目の両側に彫られた細い溝を通して見る世界は
半分ほどに狭くなったが、彼は安堵のため息をついた。
これで神とひとつになれたのだ。サンニヤ。死と病をつかさどる魔神。
その力と叡智を手に入れられるのだ。
 ――人前ではこれを決して取ってはいけない。
 師が真新しい革紐を結んでくれて、仮面は彼の新しい顔となった。
 ――神を軽んじて面を外せば、
おまえはサンニヤのしもべの資格を失うだろう。
そしておまえはこの世で唯一ゆるされた居場所を追われ、
永久に闇を彷徨うことになるのだ。
 解っています、と彼はうなずいた。
同じ仮面をつけた師の素顔を彼は知らない。
しかし優しく厳しく自分を育て上げてくれた。
その恩は、おそろしげな外見に惑わされるものではない。
 ――さあ、誓いを。
 彼は小さな掌を合わせてサンニヤに誓った。
神のしもべとして一生を献げることを。
 ――決して、俗世の人間には心を開かないことを。

» 続きを読む

2014年12月30日 (火)

「森の王」 序章

2001年10月発行の長編ファンタジー

「森の王」の序章を紹介いたします。

2015年1月より、再版本の取り扱いを開始しますので

ご参考までにどうぞ。

     序章

 半島の統一成ったとはいえ、予言者の王を戴くアシアン王国において、

実際に民を支配したのは諸侯と呼ばれる貴族たちであった。

 南海にアルシス侯、東の平原にゼノア侯、そして北の森にはソロン侯――

かれら大貴族はそれぞれ港を作り城塞を築いて街をひらき、

街道を整えて支配の礎(いしずえ)を地方へとさらに拡げた。

広大な領土に反乱の芽が育つことを厭う貴族たちは、一族郎党を要所へ封じ、

蛮族や妖魅を辺境へと追いやった。王は、いわば後援者であるかれらの為に

よく未来を視(み)、助言を与えた。王国はますます栄えた。

 その年、アシアン暦二七二年。十一代シャリオルフィン王の治世――

 王国の北辺、ファリルと呼ばれる森深い地は、

ドーセア伯家の支配下にあって久しかった。

ドーセア伯家もその他多くの豪族と同じように、

諸侯の一翼である北の雄ソロン侯家の姻戚であったが、

表向きの主従の関係はともかく、伯家が政事に及ぼす影響力には

極めて強いものがあった。

 単純至極な理由がある。北方の山々は豊かな鉱山資源に恵まれていた。

王家がその扱い方を民に教えてからは、特に鉄は重要であった。

重い鎧と鋭い剣硬い盾を装備したドーセア伯の兵には、

諸侯といえども一目置くほかなかったのである。

 そうして権力と富の双方を得たドーセア伯が次に画策したのは、

諸侯と王家を中心とした連合王国からの独立だった。

 尽きぬ資源と不敗の軍隊。天災にも侵略にも動じない

巌(いわお)のごとき支配体制が確立されているなら、

朝貢と引き換えの予言などに頼る必要はなかった。

時の王シャリオルフィンが奴隷制度に反対であることに、

鉱山での労働力のほとんどをそれに頼るドーセア伯としては承服しかねたせいもある。

 その、ドーセア伯が猛き叛逆の意志を秘め、山中に築き上げた堅固な城塞――

「ふん。他愛もない」

 肩までの真紅の髪を熱風に躍らせながら、少女は呟いた。

「虫ケラめ」

 彼女の裸足の足許には、その影にふれることも叶わぬまま

息絶えた兵士の屍が累々と折り重なり、倒れていた。

王国最強を謳われた彼らの見開いたままの瞳には、無念と恐怖とが満ちている。

 少女は幼い頰に一筋散った返り血を、疎ましげに指で払った。

猫科の高貴なけものを思わせる碧の瞳を怒りに燃え立たせ、少女は石の床を蹴った。

分厚い扉があっけなく弾け飛び、少女は宙を舞って室内に降り立った。
 

 豪奢な敷物が、壁飾りが、黄金をあしらった燭台が、杯が、

少女の一瞥を受けただけでたちまちのうちに燃え上がる――

城のあらゆる他の場所と同じように。

 部屋にひととおり炎を放った後、少女の歪んだ微笑は

巨大な寝台の傍らで震え上がっている中年の男に向けられた。

寝衣で丸腰の彼は、応えぬ側近の名を連呼しながら、渾身の力をふるい、

少女に花瓶を投げつけた。巨大な青銅製のそれは

少女の可憐な頭蓋を砕こうと唸りを上げた次の瞬間、灼熱の液体と化して滴り落ちた。

「魔女め!」

 細身の身体に魚類を思わせる銀色のぴったりした下着をつけただけの少女は

ゆったりと腕を組んだ。

「おのれ魔女、この儂を当主ゼロス・ウーラント・ドーセアと知っての狼藉かっ」

「知ってるわ」

 魔女は無邪気にほほえんだ。

「その力は王を凌ぐとさえ聞いた。なるほど王は予言をし、導師と呼ばれているけど、

所詮あれは耳であり声であるにすぎない。私の求めるものとは違うみたいね」

「ち、力だと」

 ドーセア伯は恐怖のあまり舌をもつれさせた。

「おまえの攻撃に一刻も保(も)たぬ軍勢の、何が力ぞ」

「違うわ。〝かけら〟のことよ」

 魔女の白い掌で、砂金のきらめきが輝きを放つ。

「創造主の力にして心。千にわかれたのか万に散ったのか、私にも解らない。

しかし世が乱れれば、秩序を回復すべく何かが現れる筈。

救世の顕現、それはオマエのことなの?」

「………」

 ドーセア伯の軽度に肥満した身体は、

今や熱病にかかったように激しく震え始めていた。

彼は人並み以上に豪胆であったし、野心家で計算高かったが、

幼くも強大な魔女にそんなものは微塵も通用しそうになかった。

側近に新王と呼ばせ、悦に入っていた頃のことが、果てしなく遠い昔のようだった。

 炎燃え拡がる室内で恐慌の頂点に達した伯は、

活路を求めて部屋の出口に立つ少女に襲いかかった。

手負いの獣を思わせる突進を、しかし少女は微風とたわむれる軽やかさで受け流した。

「試してみようかしら」

 悪戯っぽい笑みとともにドーセア伯の身体が松明(たいまつ)のように燃え上がる。

と、次の瞬間炎は尽きて、灰ばかりがばさりと床に散り落ちた。

 魔女はつま先立ちで、元はドーセア伯であったものを見下ろした。

「なんてこと。チリほどの〝かけら〟も見当たらないとは」

 細い眉を苛立ちに吊り上げて、彼女は床を踏み鳴らす。

「こんな調子で、いつになればあれを取り戻せるというの?」

 魔女は突然振り向きざまに指を鳴らした。

部屋の中心にある天蓋付きの寝台が弾け飛び、

床との隙間にうずくまっていた娘が悲鳴を上げた。

うすものをまとっただけの亜麻色の髪の娘はたいそう美しく、

ドーセア伯の愛妾であることは明白であった。

「ふん。権力を握った男のすることはどこでも同じとみえるわね」

 魔女はうんざりしたように吐き棄てたが、

すぐにその瞳は残虐な光に生き生きと輝き始めた。

恐怖のあまり声も出せない娘に、魔女はやさしく語りかける。

「おまえは生かしておいてやるわ。殺しても〝かけら〟なんかなさそうだしね

……おまえは生きて虫ケラの同類に伝えなさい」

 魔女はクスクスと笑いを嚙みころす。

「私は  〝かけら〟をさがしてる。変わらぬもの、滅びぬもの、そして、力。

それに宿る魂のことよ。皆殺しにしてでも手に入れようと思っていたけど、

正直いってきりがない。……猶予をあげるわ。虫ケラの知恵を絞ってかき集め、

私に差し出すのよ。城の裏の山に入口を作っておいてあげる……

けど、急ぐことはないわよ、私は案外気が長いから」

 魔女は額にかかる真紅の髪を無造作に払った。

「フフッ、せいぜい私を退屈させないことね。私の存在を恐れ、

怯えて暮らせるよう、おまえが語り伝えるのよ。名を教えてあげるわ、私は――」

 拡がった髪がたちまち炎に変じ、少女を呑み込んで消えた。

しかし他のすべては――炎も死も破壊も、現実として娘の前に残った。

娘はすすり泣きながら膝で這って、つい先刻まで彼女の主人であったものにふれた。

「旦那様……」

 渦巻く熱風が娘の呟きをかき消し、応えるもののない地獄のただ中で娘は独りだった。

    序章・了

2013年2月23日 (土)

委託参加のお知らせ

そろそろ3/3のJ.GARDENのパンフレットをご覧になっている方もいらっしゃるかと思います。

今回は委託で参加いたします。

なるべく直参したいのですが、毎回関西からは色々キツくって・汗。

委託52 Project想音

出品作は「望みの彼方」と「やさしい指」の現代物2作となっておりますー。

「望みの彼方」はパンフレットにも掲載されております!

シリアス系連作短編~中編、語り手は作品ごとに違います。

壊れた詩人の兄、荒ぶるヴォーカリストの弟、二人の捻れた関係を軸に、

彼らに魅入られてしまった年上の社会人だの、

弟を見守り続けるプロデューサー氏とのあれこれだのを綴っております。

成人向けです。結構自分の限界に挑戦しました。

A5サイズ、価格は600円です。

「やさしい指」はA5サイズ、200円。

エリート世話焼き銀行員×心優しいニート君の

30代なのにピュアな馴れ初め話となっております。

こちらも成人向けですが、軽めですかね…。

イベントに参加される方にはどちらもどうぞよろしく致しますです!

2012年9月28日 (金)

入稿しました!

こんばんは、富江拓世です。

いつもニコニコ優等生入稿の当サークルですが(ホント?)

昨日印刷屋さんに行ってきました-。

これで新刊が出せます。良かった良かった。

スペースはファンタジーなのに、新刊が現代物なのはご愛敬…汗。

タイトル「望みの彼方」

156ページ A5 オフセット 表紙2色刷り

表紙イラストはリンドウノミチヤ様(Xiang)

装丁協力は赤根晴様(エイジア)の超強力コラボ作品です。頑張りました。

中身は発行済みのコピー誌「Wants」及びその後を描く連作集となっております。

かなり病んでおります。黒いです。成人向けですのでご注意を。

兄弟とか年の差とか、芸能界とか病気とか、色々注意事項はありますが、

おすすめポイントは…ちょっとお調子者サラリーマン鈴木氏の転落人生ですかね。

30代半ばにして10も年下の華奢な男の子にやられちゃったり、なんだり。

出来上がりが自分でも非常に楽しみですw

参加イベントはこちら。

10/8 J.GARDEN33 池袋サンシャインシティBホール (ヘッドフォンの間)

か08b Project想音

10/14の関西コミティアでもサークル Xiang様にて委託で置かせていただく予定です。

よろしくお願いします。

さ~ペーパーも作らねばならないですよね…頑張ります。

2012年8月10日 (金)

インフォメです

世間は夏コミですが…皆様、如何お過ごしでしょうか?

夏は東京へは参れませんが、ちょーっとずつ原稿は進めております。

秋のJ庭には何かをお披露目出来るはず。

また決まり次第お伝えに参りますね。

で、その前にひとつイベント。

SUPER COMIC CITY 関西18 インテックス大阪 6号館Dゾーン

み79b  Project想音

創作JUNEにてスペースを取っておりますが、

一応すべての既刊は持ち込む予定です。

それほど数はないと思いますので、

特に一般ジャンルでご希望のご本がある方は、

この記事のコメントや拍手コメントなどでお声かけ下さい。

2012年5月16日 (水)

イベント報告

遅くなりましたが、13日は関西コミティアに参加してきました。
前々から予告してきたとおり、
サークルとしてはラスト参加、の位置づけでした。

新作執筆にはまってしまったのと、
プライベートで多忙でしたので、新しいものはご準備出来ませんでしたが、
机の上ほぼタダ!キャンペーンの結果、
結構色々持って帰っていただき、感謝しています。
私は最後だけど、初めて来た方もいらっしゃる訳で、
そんな方に喜んでいただけたのはとても良かったです。
しかし「森の王」は皆さん気になるんですねえ。
初めて関コミに参加したあと、
小説レビューで大きく取り上げていただいたのも、この本でした。
自分にとっては通過点の作品でしたが、
まだまだ通用するのかと思うと感慨深いです。
チラシスペースに置いた本はすべてなくなり、少々びっくり。
もっと置いておけば良かったですね。
こちらも重ねてお礼申し上げます。

びっくりさせてしまったお知り合いもいましたが、
あの、創作はやめる訳ではないので…苦笑。
これまでの既刊も買えなくなる訳ではないです、
JUNEオンリーでは無理ですが、
コミケやシティでは持ち込みますよ、ちょっとずつ。
ただ、もう当分一般部門で新しい本は出さないですが…。

» 続きを読む

2012年4月28日 (土)

眠れる森

読み切りの短編ですー。

お友達が描いていたマンガに触発されて書いた
樹海であやかしに出逢った、的な物語。

» 続きを読む

2012年4月27日 (金)

イベントのご案内

表ブログと同じですが、こちらにも貼っておきます☆

皆様、お久しぶりですー。

イベント参加のご案内です。

5/13(日)関西コミティア40 

大阪OMM (天満橋) Cホール K-12  Project想音

語呂合わせは…絹ごし豆腐でいかがでしょうかね…。

4/1発行の「スタルニクスの星5」が関西初売りとなります。

あと、サークルカットにも書きましたが、

今回で関西コミティアはラスト参加となります。

一部既刊の無料配布を考えています。

記念冊子は…今の状態ではかなり厳しいですが、

ちょっとは読み応えのあるペーパーくらいは作りたいですねえ。

2012年4月18日 (水)

スタルニクスの星 第一話「立候補者」 2

続きです。

真の主人公?セウさんご登場まで。

結構長いですよ~頑張って下さい!

» 続きを読む

2012年4月17日 (火)

スタルニクスの星 第一話「立候補者」 1

2009年10月、サークルProject想音発行の「スタルニクスの星1」より

冒頭部分です。

女性向け架空国家ファンタジーでよろしいんでしょうか…。

ファンタジーといっても魔法とか皆無なんですが。

よろしければ続きをご覧下さい☆

 

» 続きを読む

«始めました!